遠赤外線によるアレルギーの体質変化

日本人の2人に1人が何らかのアレルギー症状を持っていると言われる今、アレルギー疾患は私たちにとって身近な問題です。アレルギー体質の人たちが増えた原因は、大気の汚染や食生活、住環境の変化等様々な事が言えそうですが、つらいアレルギーの症状を軽減させる為には、どういった事が有効なのでしょうか。専門医の治療を受ける他に、自分たちで出来る事としては、アレルギーを軽減化させる為に、体質変化を行う事が重要です。アレルギーの体質変化に有効な食べ物を食生活に取り入れる事や、掃除の徹底化も体質変化に効果がありそうです。その他にも、遠赤外線はアレルギーの体質変化に有効だと言われています。遠赤外線は、目に見えない電磁波の一種です。電磁波には、放射線や紫外線等の有害な電磁波と、可視光線(太陽からでる目に見える光)や赤外線などの有益な電磁波があります。遠赤外線加熱は穏やかな熱で内側まで温める事が可能と言います。太陽の光で身体がぽかぽかと温まるのは遠赤外線の作用なのです。遠赤外線は身体の内側まで温める事で、皮脂腺、脂肪腺に残留している老廃物や有害物質を汗とともに身体の外側に排出させる事が出来ます。これは、スポーツ等で流す汗腺からの発汗では出来ません。遠赤外線ならではの作用と言えます。さらに、副腎の血流を良くし、機能を活性化させ、自律神経の機能をアップさせる事にも効果があると言います。自律神経の機能を整えるのはアレルギーの体質変化に重要な事です。遠赤外線を利用するには、遠赤外線治療を取り入れている医院や施設で診療を受けたり、自分自身で岩盤浴やサウナを利用するのも良いでしょう。また様々な商品にも利用されていますので、その中から自分にあったものを選び、生活の中に取り入れるのも有効な事と言えそうです。