小児のアレルギーに対するDHAの効能

現代では、日本人の二人に一人が何らかのアレルギー症状の不調をかかえていると言われています。アレルギー疾患の種類には、花粉症、食品アレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支喘息等様々な種類があり、一度発症してしまえばくしゃみ、鼻づまり、蕁麻疹、呼吸困難等、様々な不調に苦しめられ、また原因物質であるアレルゲンを避ける為の、不自由な生活を強いられる事になります。特に小児に発症すると本人だけでなく、両親もつらい思いをする事になるでしょう。アレルギーの原因とは一体何なのでしょう。アレルギーとは。本来有害でない物質に対しても「有害な物質である」と身体が過剰反応して自分自身を傷つけてしまう症状です。アレルギーの原因となる原因物質アレルゲンは、現代の住環境では増加傾向にあります。昔から魚や米を中心にしてきた食生活も、小麦、肉、乳製品を多く摂る生活へ変化し、さらに、コンビニやファーストフード店の増加で、外食の機会も増え質の悪い油に多く含まれるオメガ6系と呼ばれる、体の中に炎症反応をおこす脂質の摂取が増えました。食生活を見直す事は、アレルギー症状を発症させない為、もしくは軽減させる為にも重要な事であると言えそうです。特にこれから成長していく小児には、身体に良い食品や栄養素を摂取してほしいものです。頭が良くなるサプリとして知られているDHAですが、アレルギー性疾患の予防や緩和にも効果があります。その効果は、実験でも実証されており小児にDHAが含まれた薬を一定期間塗布すると、症状の緩和特にかゆみの軽減がみられたそうです。DHAは、イワシやサバ等の青魚、マグロのトロ、ウナギやサケにも多く含まれており、サバやサンマの缶詰でも摂取する事が出来ます。効果的にDHAを摂取には、サプリメントも有効でしょう。また、DHAを配合した石鹸も商品化されており、アトピー性皮膚炎の症状の緩和に有効であると言えそうです。