アレルギー症状の種類と対処法

アレルギーには、表面的に発生する症状と内面に起こる問題があります。
皮膚の赤みや痒みは、アレルギーの中でも一般的な症状です。
このアレルギー症状は、症状を引き起こす素材と触れる事が引き金になります。
時計のバンドはその代表で、金属やゴム素材がアレルギーの原因です。
接触性アレルギーの対処法は、触れる物質を肌から遠ざける事が一番効果的です。
身に付ける必要がある時は、肌との間に布を挟むだけでも、アレルギーを避ける事が出来ます。
食物アレルギーは、食べ物が症状を引き起こすので、調理された素材だと原因が分かり難い事が欠点です。
また、一度に大量の食事を行えば、急激な症状を引き起こす可能性は高くなります。
喉の痒みや全身に違和感を感じた時は、まだ初期症状の段階なので、油断せず医師に相談する事が対処法になります。
症状の段階が進めば、ショック症状を引き起こす場合もあるので、最悪の場合は命を危険に晒してしまいます。
食物リスクや症状に対する過敏さは、医師の診断によって検査出来る時代です。
事前に検査を受けたり、安全な食べ物が医学的に判明出来れば、食事を行う場面で症状を心配する必要がなくなります。
紫外線もまた、アレルギーを引き起こす原因の一つで、日に当たるだけで皮膚症状を引き起こす場合があります。
代表的な症状としては、日の当たる部分が赤くなったり、痒みや腫れが生じる事があります。
紫外線は、目に見えない可視光線外の光ですが、エネルギーが強く当たる物質にダメージを与えます。
人も例外ではないので、外出を行う場合は、入念な日焼け止めと日傘の使用が回避する為の対処法になります。
症状が酷い場合は、目の充血症状に加えて、発熱や頭痛が発生する事もあるので、日陰を優先して歩く事も回避手段です。

自分のアレルギー性質を知る方法

一言でアレルギーと言っても、食べ物などアレルゲンを身体の内部に取り込んだものや花粉やほこりなどの外からアレルゲンがやってくるもの、薬の内服など様々な原因があります。
自分がどのような物質でアレルギー症状を引き起こし、どのような病状を起こすのかを知っておくことは、アナフィラキシーショックなどの急な事態に陥った時の対処の方法となるはずです。
まずは、自分が「いつ」「どこで」「どのようなときに」アレルギーの症状が出るのかを知ることが大切です。
花粉などの季節性のものもあれば、動物に触れたときにおこるものもあり、「いつ」「どこで」「どのようなときに」がわかれば、原因となるものをある程度絞り込めるのです。
実際い何が原因になっているのかは、病院でアレルギーの検査を行います。
「いつ」「どこで」「どのようなときに」で推測される疾患を想定して行われる検査をスクリーニング検査と呼びます。この検査は疾患別に何種類もあり、それぞれの予想される疾患別に調べる物質が変わってくるのです(一部重複もあり)検査をするには費用が掛かります。
健康保険が適用されると言っても、何もわからない状態で検査するのは高額の負担になります。
「いつ」「どこで」「どのようなときに」で推測される疾患に該当する検査をピンポイントで行うことができれば、低額の検査費用で自分のアレルゲンがなんなのかを知ることが可能になるです。
行う検査の中には結果が出るまでに時間がかかったり、パッチテストを行う必要があるため続けて病院に通う必要があるものもあります。
しかし、自分のアレルゲンを知っているだけでも原因となる物質や場所を避けることができます。
そうすることで快適な毎日を送ることもできるようになるのです。

食品アレルギー表示に関する規定

日本においては食品衛生法第19条に基づき、「特定原材料」として指定された品目について表示をする義務づけがされています。
その他の一定の品目については「特定原材料に準ずるもの」として、通知により表示することが奨励されています。
これらの食品は一般に発症数や重篤度から勘案して定められており、法令上で表示の対象となっています。
アレルギーの症状としては「皮膚が痒くなる」、「蕁麻疹が出る」、重症になると「意識がなくなる」ことや「血圧が下がってショック状態となる」などがあります。
このようなアレルギー反応を起こすのは全人口の1%から2%、乳児に関しては10%とされています。
アレルギーは有効な治療法がないために、原因となる食品を摂らないことが一番の予防であり、治療の基本となります。
特定原材料といわれているのは、たまご・小麦・えび・カニ・そば・落花生・乳です。蕎麦と落花生は症状が重篤となり、生命にかかわるものであり、卵・小麦・えび・カニについては発症件数が多いものとされています。
これらの7品目を使った商品を販売するときには必ずパッケージに表示しなくてはいけません。特定原材料に準ずるものはあわび・いか・いくら・さけ・さば・鶏肉・ブタ肉・カシューナッツ・くるみ・ごま・大豆・やまいも・オレンジ・バナナ・キウイ・もも・りんご・ゼラチンです・これらは過去に一定の頻度で発症が報告された食品であり、食品パッケージへの表示は任意とされています。
現在は食品へのアレルギーがなくても将来的に発症することや、まだ知られていない食品を把握しきれていない場合もあります。
そこで厚生労働省では3年ごとに調査を行い、結果を交えた食品の見直しをしています。
■アレルギー性の鼻炎にはこのお薬
アレグラ
ジルテック
ザイザルでツラいむずむずジ・エンド